2005年衆議院選挙結果

自民党の圧勝 ということでした。
前回までの選挙では日本中が改革を求めた結果 民主党が躍進したわけで(1990年代の社会党躍進も同じ理由だと思っていますが)、改革を進めてくれるのなら民主党が政権を取ればいいと。
ところが、民主党は改革をするどころか与党が提案する改革案にも反対するばかりで前向きな議論もやっていない、どんな風に改革してゆきたいのか見えない(郵政改革だけではありません)マニフェストには夢のような目標の羅列があるが具体的にはどのように進めるのかつもりなのか、そんなイメージばかりが残ります。
民主党には改革を求めていたわけで、改革をやってきた/やっている/やってゆこうという姿勢が見えなければ、「政権を取る」と言っても本末転倒です。
今後は与党と議論しながら改革案を練り上げていくというスタイルで、実績を積んでほしいと思います。

まずは2007年問題が騒がれる年金関係ですね。
年金に関しては、混乱しないように まずは国民年金を除いて一元化するのがいいと思いますね。国民年金は出入が捉えにくいとか不払いとか特有の問題を持っていますからそれを解決してからでないと駄目ですよね。事業者負担のような仕組みもなかったと思いますし。
2007年問題を考慮すると、定年延長・給付年齢の引き上げなど出入のバランス再考と併せ少子化対策の具体的な検討が必要ですね。


Generation Mosaic: 郵政改革
雲國齊の無謀: 選挙後の政策課題は何か
silkyway -Only is not lonely.-: 垣根を越えて役割を
気ままなTAKUYA'S Diary: 素人の総選挙の分析
徒然なるままに・・・。: 総選挙が終わって
Irregular Expression: 払ってない奴が得をする、民主党の年金改革案

| | Comments (0) | TrackBack (0)

郵政改革

郵便事業ってすごい。
競争相手のない独占事業であり赤字になると郵便料金を値上げする。民間ではコスト削減するのとは対照的。

すでに電子メールや携帯電話の普及が進み、移民受け入れでもすれば別だが これからは日本の人口は減るのが見えている。つまり、需要が減っているし今後も減るわけだ。民間事業なら支店統廃合や会社自体の合併というのが自然に行なわれるが、郵便局に関しては話題にすらなさそうだ。

このままでは、利用者不在のバカ高い料金の独占郵便事業が20年後に出現することになりそうだ。民間では、需要を見極め自分の身の丈を合わせるのとは対照的。
郵便局が国営であり、郵便局員が国家公務員のままでは、無駄なコストを負担するのはやはり国民だ。

身の丈に合わせることを前提に国営を維持するか、身の丈に合わせきれない情けない組織であれば民営化して 自ずと淘汰されるような状況を作り出すしかない。アメリカの郵便は日本より安いし、わざわざポストに投函する必要がなく家まで取りにきてくれるという話だ。
(世襲される公務員を作り出す『特定郵便局』という制度がある限り、身の丈に合わせることを前提に国営を維持することは難しそう)


郵貯と簡保もすごい。
国が信用保証をし破格の条件で(金利など)で郵貯と簡保で集められた資金が高速道路建設などに回る。『第2の予算』とも呼ばれる仕組みだ。税金は払わない。使い道も正当なものかどうか客観的に議論されているとも思えない。挙げ句の果てに郵貯・簡保の赤字を国税で補填するということになれば、何をやっているのかわからなくなる。
本来は、成長産業・中小企業や個人へ投入すべき資金を力づくで(法律で守られているからある意味ではスマートに)手に入れるわけだから、民間事業の成長を抑えているということで国益にも反することになる。


高速道路建設なんて大変だ。
意図的に作成したとも思えるようなあり得ない需要見込みに基づいて無理矢理無駄な高速道路路線を建設し、結局 需要見込みの半分も車が通らない一方で人件費などコストは永久にかかってくる。苦し紛れに料金を値下げしても当初見込み通りには(もともとSFみたいな見込みだが)ならない。

結局、人間って金があると使いたくなる。自分の金でなければ余計そう。自分のものでない金を使えるのは権力だ。しかも半端な金額ではない。世の中の仕組み・構造を利用した莫大な金額だ。当然、その金目当てに擦り寄ってくる輩もいる。自制できなければ、もっと権力が欲しくなりもっと金を集めたくなる。
そもそも国会議員は外交・防衛や現在〜将来の国のデザインなど国益を考えるべき。我田引水型の仕組みは不要。地元のことは地元(地方自治体)が考えるべき。

使える金を減らさせるしかない。『構造改革』そのものだ。『郵貯・簡保を徹底的に縮小』するというのはいいが、具体的にはどうするのか?そしてそれで構造的な問題が解決するのか?構造的にみると、民営化しかあり得ないように感じる。郵便局が国営で郵便局員が国家公務員のままで収支が赤字だと、どこかで国税を投入する必要が出てくる。どうせ国税を投入しなければならないのなら早い方がいい。早い方が投入額が少ないし、将来の展望もはっきりする。
しかし、問題解決に向かっての具体性のない『郵貯・簡保を徹底的に縮小』とか問題先送り型の『国民年金も含めた年金一元化』とか、、、、支持母体を考慮すると仕方がないことかも。

『郵便』と『郵貯・簡保』は分けて議論する方がいい。事業の目的が異なる。
民営化はステップを踏むものだ。JRやJTなどを見てもそう。徐々に株式を市場に放出してゆくのが筋だ。
国債も原則必要なし、百害あって一利無し。

早めに手当てしないと大変だ。このまま放置しておくと、消費税等が年金分+5%、その他構造改革不始末分+5%、計15%くらいにはなるのではないかと心配している。


郵政改革の論点 RIETI 経済産業研究所
「暮らしと構造改革」ハンドブック
小泉内閣が挑む構造改革の「聖域」とは - [よくわかる政治]All About
子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)
よく分かる郵政民営化論Blog版
Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
アジアの真実:・我々は誰に投票すべきなのか 〜郵政民営化選挙〜
いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」:郵政の人件費の出所

| | Comments (5) | TrackBack (4)

ロンドン自爆テロ

ロンドンで同時多発テロ が発生しました。英国で生まれ育った若者達が自爆テロを実行 したという話です。
しかも、容疑者をよく知る人々のコメントを聞くと、「こんなことをするのは、彼らしくない。彼はむしろ、こういうことを非難するタイプだ」と。
これを見て隣人は静かに笑う というスリラー映画を思い出しました。

しかし、対策をとっているようですが、日本も安全とは確信できません。地下鉄も新幹線もJR在来線も乗客の手荷物チェックを実施という訳にはゆきませんしね。


つっきーの徒然草
Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
MAC'S GADGET
らくだの鳴き声: 多くと引換えに得るもの

| | Comments (1) | TrackBack (2)

沖ノ鳥島

沖ノ鳥島は1931年7月6日から日本領 ですが、ここにちょくちょく 中国船 がやってきています。

「来ないで !」と言って来なくなるくらいなら 最初から来ることもないでしょうから、ここは沖ノ鳥島は日本の領土だということを PR するなり 沖ノ鳥島にある(あるいはこれから造る)設備などが周辺国や一般の企業・人々にも役に立つという実績作りが有効ではないかと思います。

充分わかってはいませんが、例えば、飛行機用の無線標識が沖ノ鳥島に出来て世界中の飛行機がより安全にフライトできるようになるとか、船舶用の標識が沖ノ鳥島に出来て周辺を通行する船舶の航行がより良くなるとか、沖ノ鳥島で幅広い気象情報を収集して世界の国々の施策に貢献できるとか、ちょっと違う見方では 自然環境が素晴らしいという話なので 沖ノ鳥島にオーストラリアのグレードバリアリーフのような観光開発を行ない世界の人々の心身を潤すようになるとか、そういうアプローチも重要ではないかと思います。もちろん、コストとの兼ね合いも検討しておくべきですが、国益との比較論ということでしょうね。


え!! 台湾より南でも日本の領土!?——沖ノ鳥島 2000/03/21
沖ノ鳥島 : HOTWORDS
硫黄島の滑走路を活用して小笠原に行く夢
SIDE-B:沖ノ鳥島は岩?


| | Comments (0) | TrackBack (2)

個人情報保護

世の中、個人情報保護というか管理一色になってしまいました。
確かに半ば強制的のように名簿に名前を載せられたり、どこかに会員登録した情報が漏れたりすると、なんとかしてほしいという気持ちにはなっていましたが、現状を見ると行き過ぎのような気もしてきます。

いまのところ、私自身はどのように取り扱っていいのか分かっておらず世間の様子を見ているところです。

官邸のWebを見てみますと 個人情報保護法の解説 があります。同じところに図解で個人情報保護法上の 個人情報の取得・利用に際してのルール の説明があります。

やさしい全般的な説明が kojinjoho.com にあります。ここでは 個人情報の例 が次のように説明されています。


個人情報の具体的な例としては、下記のような項目が挙げられます。

名前
クレジットカード情報
住所
電話・ファクス番号
顔の画像
音声データ
銀行口座番号
等、完全に個人を特定出来る物

また、インターネット特有の組合せて個人を特定出来る物
Eメールアドレス
IPアドレス
cookie
会員ID・パスワード等
も特定の個人と結びつけば個人情報データとなる可能性がある為、個人情報の一部と考えた方が安全です。(ちょっと微妙ですが・・・)

もう少し広範囲な情報が 個人情報保護と安全対策 にあります。
Blog 関係では 個人情報保護blog にニュース・トピックスが抽出されています。

上記を踏まえて @nifty個人情報保護ポリシー をみると、「なるほど、このように考えるべきか」と一応は納得しました。
せっかくなら前向きに 活用できればいいのですが。

しかし、私が通っている病院では診察のときに呼ばれるのも名前ではなく番号になりましたし、学校でも学生を呼び出すときなどの掲示にも学生番号で行う場合がある ようですし、なんだか国民背番号制への布石を疑ってしまいます。

大事なリンクばかりですが、、、
個人情報保護対策の実務 - [企業のIT活用]All About(1/2)
認定個人情報保護団体とは - [企業のIT活用]All About
特集 問われる個人情報の保護と活用法 7割の大学が05年度から個人情報保護の対策を検討・開始 Between 2005.4,5
メールマーケティングの活用術: まだ個人情報保護対策をしていないなら・・・
東葛人的視点:個人情報保護ではなく「個人情報活用」の視点が大事だ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

日本のFTA

 二国間または地域の協定により、関税や数量制限・サービス貿易の障壁など貿易の障害となる壁を相互に撤廃し、自由貿易を行なうことによって利益を享受することを目的とした協定である FTA(自由貿易協定) に関して、現在 日本は 日本−ASEAN、 日本−韓国、 日本−タイ、 日本−フィリピン、 日本−マレーシア、 日本−オーストラリア などを進めています。しかし、日本側の事情--特に農業・水産分野(米など)にこだわっている--ことによって自由貿易を目指した協定には程遠いかたちになりそうな見通しだということです。
すでに シンガポール、 メキシコ、 とは締結済みです。
 日本にとっても存在感が増している 中国との自由貿易協定の締結 も避けては通れない道でしょう。実際、 中国に対してFTA締結を要望する国々も多くなっています。何といっても中国の10億以上の人口・経済発展(これらに伴うあらゆるマーケットの拡大)は大きな魅力です。

 一方、世界を見渡してみると 北米地域のNAFTA、南北アメリカ地域のFTAA、ヨーロッパ地域のEU、ASEANを中心とした地域のAFTAなど すでに巨大な自由貿易圏が成立しています。
 これらの域内の貿易と比較すると、日本との貿易には 関税や数量制限・サービス貿易の障壁などが存在し結果として日本企業が損失を被るケースがあること・日本の存在感が希薄になることが 日本の自由貿易協定推進の理由でしょう。

 消費者としては良いものが安く手に入るだろうし、海外へ旅行するときに手間が減ることもあるだろうし、少子高齢化の日本だから将来は外国人の介護士・看護婦・メイドのお世話になれるだろうし、メリットが大きいのでどんどん推進してほしいですね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

中国の反日デモ

今年は中国の抗日戦勝60周年にあたる年 だったとのことですが、しかし 人を傷づけたり器物を大規模に毀損するというのは感心しません。またそのような犯罪行為を放置するその国の政府も論外です。
なお、次の日にちが要注意との情報です。
-----------
5月4日  : 五四運動記念日 (1919/5/4、パリ講和会議時の反日愛国運動)
6月4日  : 天安門事件記念日 (1989/6/4)
7月7日  : 盧溝橋事件記念日 (1937/7/7)
8月15日 : 日本敗戦記念日 (1945/8/15)
9月3日  : 抗日戦争勝利記念日 (1945/9/3、日本が降伏文書に調印)
9月18日 : 満州事変(柳条湖事件)記念日 (1931/9/18)
12月13日: 南京大虐殺の日 (1937/12/13)
-----------

日本が北京オリンピックをボイコットするようなことはないとは思いますが、そんな危険な国には観戦しにいくことはできませんね。2010年の上海万博も、そのときまでに中国の国内情勢が劇的に改善しないと行けませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

中国の制海権戦略

中国海軍が、大陸沿岸から約一千キロを有事の際に「制海権」を確保する範囲に設定し、潜水艦部隊の増強を目指している という話だ。
日本のシーレーン西太平洋海域における海底資源開発、中国の沿海経済戦略もからんでいるとのことだ。

シーレーンというのは「日本の生命線」とも言われる。このシーレーンの攻防が太平洋戦争のキーポイントともなった 経験を日本は持っている。日本領海内の海底資源しかり

この「生命線」を維持するために『日本は抑止力を持たなくてはならない』とならないよう 日本の世論を刺激しないよう 外国は配慮すべきだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国籍不明潜水艦が日本領海を侵犯

東シナ海問題に関しての屁理屈

2004年11月10日に国籍不明の潜水艦が沖縄県・先島諸島周辺の日本領海を侵犯したという話だが、この潜水艦は中国海軍の「漢(ハン)級」原子力潜水艦らしい。何のためにやってきたのだろうか?

もし、中国の潜水艦であれば 資源の探査 か? あるいは太平洋側になにか用事があるのか?

この国は 南シナ海 では
南沙諸島(英語名:スプラトリー、ベトナム名:チュオンサ) の石化資源を巡り、ベトナム・フィリピン・マレーシア・ブルネイ・台湾と対立し、 尖閣諸島 で石化資源が見つかると急に領有権を主張し始め、海上交通の要衝であるからだろうか 実効統治していない 台湾 の領有を主張している。

この国は急速な発展でエネルギー資源が足りなくなっており、 風力発電を増やしたり ロシアに協力を求め石油を 鉄道で輸入したり パイプラインを引いて輸入 しようとしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

『日本人がテロに巻き込まれるから』自衛隊撤退?

イラク邦人人質事件の続き.....

『日本人がテロに巻き込まれるから』「自衛隊が行なっているイラクでの人道復興支援から撤退すべきだ」あるいは「12月14日に期限を迎える自衛隊のイラク派遣を延長すべきでない」という意見がある。

自衛隊が行なっているイラクでの人道復興支援から撤退することによって、本当に日本人がテロに巻き込まれなくなるのか?

防衛白書の中で分析され 一般にも報道されているように、イラクの復興に貢献する国際機関や一般市民などのソフトターゲットに対するテロも発生しており 赤十字までもが標的にされている。米軍にかかわっていなかったり外国人でない方がテロにあう確率は低いようではある。

日本はアメリカの同盟国だ。仮に自衛隊が撤退したとしても日本はアメリカの同盟国だということは変わらない。

自衛隊が行なっているイラクでの人道復興支援の継続については、当初の目的がどうであるか または将来の計画・見通しが現時点どうなっているかを基準として判断すべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)