« テスト | Main

国際線への液体持ち込み制限

来年3月から日本発の国際線に対する液体の持ち込みが制限されるそうです。
安全のためにはやむを得ません。

100ミリリットルを超える容器に入った液体の持ち込みが禁止され、100ミリリットル以下の容器に入った液体も透明ポリ袋にまとめ、ノートパソコン等電子機器はバックから取り出し、上着類も脱いで、別々に保安検査場での検査が必要となります。

医薬品やミルク、特別な制限食については申告により最低限必要な量のみの持ち込みは可、空港での保安検査後に空港内売店や免税品店で購入した酒類などの持ち込みも可だそうです。



概要
(1) 本年8月10日に明らかになった「英国での航空機爆破
   テロ未遂事件」1を受け、12月7日、国際民間航空機関
  (ICAO)は、来年3月1日までに国際線で適用すべき
   暫定的な保安措置として、液体物の機内持込制限に
   関するガイドラインを各締約国に通知。
(2) 我が国においても、国際的な協調の観点から、
   本ガイドラインに沿った新ルールを来年3月1日から
   国際線に導入することを決定。
   今後、航空会社、空港設置管理者等関係者と協力
   のうえ、広報活動を通じ、利用者に周知を図っていく予定。

具体的な制度の内容
 今回導入される新ルール(概要は以下のとおり)は、
 液体物(ジェル及びエアゾールを含む)を手荷物として
 客室内に持ち込む際の制限であり、受託手荷物2には
 適用されない。

 あらゆる液体物は、100ml以下の容器に入れる。
 (100mlを超える容器に100ml以下の液体物が
  入っている場合でも不可)

 それらの容器を再封可能な容量1L以下の透明
 プラスチック製袋に余裕をもって入れる。
 旅客一人当たりの袋の数は一つのみ。
 (そのプラスチック製袋を、検査場において
   検査員に提示しなければならない)

 医薬品、ベビーミルク/ベビーフード、特別な
  制限食等については、適用除外。
 (液体物の機内での必要性について照会される
   ことがある)

 手荷物検査を効率的に実施するため、上記
 プラスチック袋及びラップトップコンピューター等
 電子機器はバックから取り出し、上着類は脱いで
 別々に検査員に提示。

 保安検査後の免税店等で購入した酒類等は機内
 持込が可能。しかし海外で乗り継ぐ場合は、
 その国のルールに従い没収される可能性有り。
 (これを避けるため、保護袋に封入することなど3
  の措置を施した免税品等を適用除外にすることに
  ついては、今後、欧米等関係国と相互に承認可能
  となった段階4で導入予定)


国際線の航空機内への液体物持込制限の導入について
国際線への液体持ち込み制限 国交省、テロ対策強化で-話題!ニュース:イザ!

|

« テスト | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41942/13183447

Listed below are links to weblogs that reference 国際線への液体持ち込み制限:

« テスト | Main