« September 2005 | Main | March 2006 »

神戸空港

神戸空港 は阪神圏3つ目の空港だそうです。2500mの滑走路を持ち、マリンエアとも言うそうです。
神戸三宮から新都市交通ポートライナーで18分と、わりと便利そうな様子です。So-net blog:明日があるさ・・・:ポートライナーで神戸空港までの道のり・・・ で三宮から神戸空港までの風景を見ることができます。
ポートライナーは永い間乗っていませんが、大きな荷物を持って乗っても他の乗客に迷惑をかけないようになっていたり大きな荷物を載せる場所があったりと、改良されているのでしょうか。また、新幹線の新神戸駅と直結すれば需要が伸びるかも知れませんね。
車でのアクセスは、ポートアイランド内が一般道路利用のようで少し不便なようです。空港開港という大きなイベントなのでいまは六甲アイランドどまりの阪神高速湾岸線が西伸され空港に直結するのかと期待していたのですが、残念です。世界有数の港湾施設である神戸港を横切るかたちになるので調整に手間取っているということでしょうか。早い時期に湾岸線が神戸空港までつながり、また さらに西へ伸びていくことを願います。既存路線のバイパスの役割も果たし経済効果は大きいはずですから。
また、関空への直行船が整備されると便利になるかも知れませんね。

一時期、大阪(伊丹)空港 が廃止になるという話もあったのですが、いまはそんな気配もなくなりモノレールが乗り入れるなど時間を読みやすいという意味では大阪(伊丹)空港も少しは便利になりました。神戸空港はそんな大阪(伊丹)空港や2本目の滑走路を整備している関西空港と競合してゆくのでしょう。

しかし、神戸空港を発着する飛行機はどんなルートを飛ぶのでしょうか。
3つの空港の位置関係・既存大阪と関西空港の飛行ルートを確認してみます。
もともと最初に大阪(伊丹)空港があり、3つの空港の中でもっとも北に位置(北緯34°47' 07"、東経135°26' 17")します。滑走路は北西ー南西の方向に伸びているため、発着する飛行機は大阪府南西部から大阪市内東側を通りJR新大阪駅のほぼ上空を経由し、北側は宝塚から西宮上空を飛ぶようです。南西側から着陸するのが一般的です。
関西空港(関空)は3つの空港の中でもっとも南である大阪府南西部の西側沖合に位置(北緯34°25' 38"、東経135°14' 38")します。滑走路は南南西ー北北西の方向に伸びているため、発着する飛行機は和歌山方面あるいは大阪府南部(南西部)から海上を北上し、北側は神戸空港の東西のラインにかからないように西へ旋回しているようです。南側から着陸するのが一般的です。

さて、神戸空港ですが神戸市の沖合にあり滑走路は東西方向に伸びているようです。大阪空港よりは南側、関西空港からは北側に位置(北緯 34°37′58″、東経 135°13′26″)します。
神戸空港の飛行ルートに思い当たる経験があります。
以前、関西空港便に乗ったときに関西空港に着陸するのにも関わらず、東京方面から奈良の吉野川付近上空を通り大阪湾をまっすぐ西へ飛び、淡路島の南で北へ旋回し淡路島の東側をなぞるようにそして明石海峡付近で東へ進路を変え神戸空港のあたりを経由して関西空港に着陸しました。大阪湾を一周し展望よく贅沢な気分に浸りましたが、その分時間がかかりました。きっとこれが神戸空港の西側のルートなのでしょう。
しかし、東側はどうするのでしょうか。東側は大阪空港の着陸ルートにかかるので、低空は飛びにくそうだから離陸ルートになるのでしょう。神戸空港を東側に(大阪空港の着陸ルートにかからないように)まっすぐに急上昇してゆくか(ちょっと危険かも)、離陸後(大阪空港の離陸ルートにかからないように)北旋回し神戸市内上空や神戸空港真上を直角に経由してゆくのでしょうか(神戸市で騒音公害が発生?)。


たしかに、神戸市でも六甲山の南からは電車でも車でも伊丹空港は不便なので、そういった需要はあるでしょうし、これから神戸の観光開発を進んでいくのだと期待しています。防災拠点に成り得るのは関空も同じなので瀬戸内の離島の緊急医療対策拠点になるとか....コストかかるかも。
世界有数の港湾都市として、航空貨物需要を有機的に取り入れることができればいいのですね。


神戸空港ホームページ │ トップページ
神戸空港マリンエア
So-net blog:負けるな関西:神戸空港
ガ島通信:関西には空港が多すぎる 2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

煉瓦(レンガ)のリンク集

煉瓦(レンガ)のことを少し調べてみましたので、メモ代わりのリンク集です。
東京駅も煉瓦造りですね。

テクニカルインフォメーション
レンガの基礎知識
煉瓦の積み方
モルタルの作り方-いー庭どっとココ-

アーチの組み方
全愛知県赤煉瓦工業協同組合HP 〜赤レンガの家〜 [BBQ炉のつくり方]
ピザ窯の作り方
レンガとブロックで作る薪窯
石窯作り方 セラミックレンガ石窯キット
日曜大工・コスト検証
薪ストーブ・炉台作製
コンクリートとモルタル
煉瓦造り樋管の分類


シックハウス被害者の会 日本の気候と建築物との相性
炭窯の作り方

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊勢湾岸道で東名と東名阪が接続

先日、大阪ー東京間を車で移動しました。阪神高速ー名阪道ー伊勢湾岸道ー東海環状道ー中央道というルートでしたが、名古屋近辺の道路整備が進んでいる のに驚きました。
名阪道から片側3車線の快適な伊勢湾岸道を抜けて 豊田ジャンクション で東名に 接続 するようになっています。この 伊勢湾岸道 は将来の 第2東名・名神となる計画 です。また、東名に入らずに伊勢湾岸道を直進すると東海環状道に入り、さらに進むと中央道に接続します。いまのところ東海環状道は東海北陸道までつながっています。
名古屋近辺の渋滞を緩和しながら、名阪道が伊勢湾岸沿いに東名・中央道と接続する効果は大きいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北陸道で61台が絡む事故

北陸道で61台が絡む事故が発生。上り線富山西〜小杉インターチェンジ間で3日午後9時45分ごろ事故が発生し31人が負傷、翌日午前中まで通行止めが続いたという話ですね。

現場付近は凍結した上に新雪が積もり始めた状態。現場近くの富山市では3日午後11時10分に零下3.4度を観測しており、現場では最高速度は時速制限50キロ、チェーン規制がかかっていたこと。また、現場付近では昨年12月27日にも、凍結した路面で10台が関係する事故が起きていたといいます。

現場付近は私も降雪時に何度となく通ったことがあるはずですが特に危険だったという印象がありませんが、やはり危険箇所のひとつ だったようです。

冬の高速道路は何が起こるか分かりませんね。慎重にいきたいものです。冬タイヤで走るのはもちろん、車間距離を充分にとることです。エンジンブレーキを使うことも有効ですね。スタッドレスも今回のような状況では効果が充分ではないかもしれません。

例えば、先日車でスキー場に出かけましたが、スキー場に上っていく一般道は前日まで降り続いた雪が残っており真っ白。そこを多くの車が通ってゆくため、わだちができ路面は鏡のように青黒く光って凍結状態でした。ちなみに、気温はふもとで0℃、スキー場付近でマイナス6℃でした。滑りにくい状況である登り/四駆/スタッドレスであっても慎重な運転が必要でした。

いずれにしても、路面状況を良く見て状況を判断しながら慎重に運転していこうとあらためて思いました。また、そんなに何度も事故が起こるような場所であれば、融雪設備の設置など道路の改善や凍結防止剤散布をより有効に行なうとかの運用面の強化またドライバーにもっと有効に路面状況を伝えて注意を促すような措置などが必要ですね。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« September 2005 | Main | March 2006 »