« 郵政改革 | Main | 北陸道で61台が絡む事故 »

2005年衆議院選挙結果

自民党の圧勝 ということでした。
前回までの選挙では日本中が改革を求めた結果 民主党が躍進したわけで(1990年代の社会党躍進も同じ理由だと思っていますが)、改革を進めてくれるのなら民主党が政権を取ればいいと。
ところが、民主党は改革をするどころか与党が提案する改革案にも反対するばかりで前向きな議論もやっていない、どんな風に改革してゆきたいのか見えない(郵政改革だけではありません)マニフェストには夢のような目標の羅列があるが具体的にはどのように進めるのかつもりなのか、そんなイメージばかりが残ります。
民主党には改革を求めていたわけで、改革をやってきた/やっている/やってゆこうという姿勢が見えなければ、「政権を取る」と言っても本末転倒です。
今後は与党と議論しながら改革案を練り上げていくというスタイルで、実績を積んでほしいと思います。

まずは2007年問題が騒がれる年金関係ですね。
年金に関しては、混乱しないように まずは国民年金を除いて一元化するのがいいと思いますね。国民年金は出入が捉えにくいとか不払いとか特有の問題を持っていますからそれを解決してからでないと駄目ですよね。事業者負担のような仕組みもなかったと思いますし。
2007年問題を考慮すると、定年延長・給付年齢の引き上げなど出入のバランス再考と併せ少子化対策の具体的な検討が必要ですね。


Generation Mosaic: 郵政改革
雲國齊の無謀: 選挙後の政策課題は何か
silkyway -Only is not lonely.-: 垣根を越えて役割を
気ままなTAKUYA'S Diary: 素人の総選挙の分析
徒然なるままに・・・。: 総選挙が終わって
Irregular Expression: 払ってない奴が得をする、民主党の年金改革案

|

« 郵政改革 | Main | 北陸道で61台が絡む事故 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41942/5934360

Listed below are links to weblogs that reference 2005年衆議院選挙結果:

« 郵政改革 | Main | 北陸道で61台が絡む事故 »