« 地震だ〜っ | Main | 郵政改革 »

足立区の震度5の情報がスムースに伝わらなかったから、なんだ?

東京都のコンピュータシステムの処理能力不足のため、足立区の震度5強の情報がスムースに伝わらなかったことが問題だという考え方があります。
遅滞なく的確に被害情報を伝えることによる減災ということ、つまり初動体制をスムースに取ることが大事だということです。

一方で、インターネットという仕組みがありますが、その当初の目的は被害を受けても全体が停止することの無いコンピュータシステムを作るためだったといわれています。(インターネット【Internet】ARPAnet


遅滞なく的確に被害情報を伝えることによる減災のため初動体制を整えることが重要だということに異論はありません。
ただ、コンピュータの処理能力云々も大事だと思いますが、その情報が(遅滞なく)ちゃんと伝わることの方がもっと重要だと思います。『東京の地震情報は必ず東京都のコンピュータがいったん処理をした上で外部に伝えるので、仮に 東京都のコンピュータが動かなくなる事態が発生すると 地震情報が外部に伝わらない』という風に聞こえますので、そのままでは情報が途絶する要素があるということですね。

防災・減災情報に関しても、どちらかと言うと インターネットのように情報が途絶しにくいシステムを構築すべきだと考えています。



|

« 地震だ〜っ | Main | 郵政改革 »

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41942/5164422

Listed below are links to weblogs that reference 足立区の震度5の情報がスムースに伝わらなかったから、なんだ?:

» 帰宅困難者? [Generation Mosaic]
昨年(2005年)7月に、足立区の震度5の情報がスムースに伝わらなかった という [Read More]

Tracked on April 04, 2006 at 00:35

« 地震だ〜っ | Main | 郵政改革 »