« 個人情報保護 | Main | 沖ノ鳥島 »

PLC (電力線通信)

20年近く前、電電公社の人の「私はコンセントにつながっている電線で通信することを研究しています」というコメントがある雑誌に載っていました。これが今振り返ってみれば PLC (電力線通信)との最初の出会いだったと思います。
まずは屋内で使用できるようになりそうです。200Mbpsの速度です。
ただ、ASDL回線のユーザーの方はADSLとPLCとの混信が皆無とは言えません。また、ACコンセントにつながっている対策をしていない機器に影響を与える可能性もあるかも知れません。

PLC(電力線通信)というのはwikipediaによると、


利用周波数帯を2MHz~30MHzに広げて理論最大値が数十Mbps~200Mbpsのデータ通信を可能にすることを目指して技術開発が行われている電力線搬送通信の新しい技術であり、既存の配線を利用することを生かした配線工事不要のブロードバンドインターネット接続のラストワンマイルとして、また全ての電気製品がコンセントにつながっていることを利用したブロードバンド家電のインターネット接続回線として実用化が期待されていた。

ラストワンマイル(ast one mile)というのは、通信サービスの加入者宅から、最寄りの電話局までの回線のことであり、無線LAN、FWA、ダイヤルアップ回線、CATV、光ファイバーなどを指します。ラストワンヤードとも言うようです。

2MHz~30MHzということであれば、中波帯のうちAM放送(約1600KHz=1.6MHzまで)で使われているすぐ上〜短波帯である30MHzがまずはその対象です。FM放送(76Mhzから)にも混信しないはずです。ただ、ASDLの規格拡張の歴史を見るとそれ以上まで広がるかどうかの保証はないと思っています。

周波数帯をイメージしたかたちではここが分かりやすいです。

ADSLの周波数帯イメージはこちら。PLC と ASDL は混信しないのでしょうか? ご存知の方は教えてください。
そもそもその周波数帯を使っている人もいると思いますが、どうなるの?

ADSLもそうですが、せめてシールドされているなど漏洩しにくい電力線を使っていれば心配も減るのですが、、、

|

« 個人情報保護 | Main | 沖ノ鳥島 »

Comments

Posted by: kazun | July 15, 2005 at 00:10

ノイズだらけの電力線で高速通信なんてできないですよ。FMにだって絶対に影響がないとは言い切れません。「高調波」といあキーワードーで検索してみてください。配線工事不要ってのもまやかしですよ。家庭内のIPの割り当てはどうするんですか?すぐ分かることです。配電盤の中にルーターみたいのを設置する必要がありますよね。素人が工事できますか?

それに影響を受けるのはアマチュア無線だけではないです。マスコミの不公正な報道によってアマチュア無線のせいで実現しないみたいな受け取り方をする人が多いですが、防衛庁 警察庁 国交省 電波天文台 短波放送局などが反対しています。

http://jh3ykv.rgr.jp/mt/archives/2005/10/post_309.html

http://blog.radionikkei.jp/shabette/index.php?ID=112
を読んでみてください。

記事としてはこれが一番正確だと思います。(日経の報道には疑問もあるのですが)
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20051004/222209/

・研究会で合意などありません。折り合いがつかないのので、むりやり総務省案をパブリックコメントにかけることにした。
・総務省案は、推進派の思惑より十数dB低い(→SN比が十数dB悪い状態で使わなくてはならない)ので、PLCが実用になるかとても苦しい状態。
・SN比が悪いと、速度が落ちたり、通信できない場合が増えるでしょう。 実用にならない場合が多いのではないかと思う。

ということで、PLC推進派にとっては厳しい内容になったと思っています。

RFの通信の世界で、SN比が十数dB落ちることがどういうことか、新聞記者には理解できないのでしょうね。

PLCが既存の短波放送、短波帯を使った通信に妨害を与える恐れがある。
PLCはこれに変わる代替手段があるが、短波放送・通信はこれに代替するものがない。

便利と言うだけで短波帯をつぶしてしまって本当にいいのでしょうか?有事・災害時にインフラの整備もなく通信手段として活用できる短波帯を。


◆短波帯が壊滅するような電力線搬送通信に反対しよう!◆
↓参照
http://www.jarl.or.jp/Japanese/2_Joho/2-7_plc/20051108plc.htm

1)住所、連絡先、氏名を忘れないように  
 ※無いと無効になる
  情報公開に際しては個人データーの開示は拒否します
  と書いておけば個人の住所、氏名が明らかにされることはない
2)「原案に反対する。強硬すれば訴訟を視野に入れる」
  と明確な意思表示が必要
3)理由 なんでもよい 意見例はJARLページ参照

Posted by: 通りすがりですが | November 10, 2005 at 10:28

PLC に関する総務省のパブリックコメント募集の締切は平成17年(2005年)11月21日(月)までということでしたので、総務省に反対意見を送ります。

2-30MHz帯を利用するというのは、社会的なメリットよりもデメリットの方が大きいと思います。短波放送・アマチュア無線・天文学など現時点で利用している人がいるだけでなく、将来の人材を育てることを阻害することにもなります。
また、この周波数帯を使って PLC が始まっても、当然いままで通り既存利用者側で電波を出しますから PLC 利用者に影響を与えることもあります。
既存利用者にとって2-30MHz帯は代わりになるものがありませんので問題は切実です。

2-30MHz帯よりももっと利用効率の高い周波数帯を利用する方が PLC の将来性を考えてもいいと思います。

PLC については名古屋DXersサークル のサイトに詳細情報があります。
総務省:高速電力線搬送通信と無線利用との共存条件案に係る意見の募集

Posted by: kazun | November 20, 2005 at 18:39

ITPRO に、総務省が2006年4月18日に開催した高速電力線通信の実用化に際する技術基準などを検討する情報通信審議会技術分科会配下の「CISPR委員会」に関する記事がありますので、リンクします。

総務省の電力線通信の公聴会,「住宅地での影響が未検討」との指摘が飛び出す:ITpro

Posted by: kazun | April 19, 2006 at 23:17

松下電器産業、最大190Mbpsの電力線通信技術(HD-PLC)を一般公開という情報です。
松下電器産業、最大190Mbpsの電力線通信技術を一般公開 - nikkeibp.jp - 注目のニュース

Posted by: kazun | April 24, 2006 at 23:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41942/4947898

Listed below are links to weblogs that reference PLC (電力線通信):

» 電線ネット(PLC) [テルミンとJAZZ]
 電線ネット(PLC)の記事は今朝の日経1面トップ。短波帯を使おうとしていることから、アマチュア無線界では反対大合唱が起きていた(無線機、無線通話に悪影響を及ぼす可能性大)はずだが、押し切られるのか?。  人数やその活動実績においてアマチュア無線家とテルミン愛好家には大きな差がある。そのアマチュア無線家団体等が叫んでもダメだったものが、テルミン愛好家の声でくつがえることはありえない。したがって黙ってどうな�... [Read More]

Tracked on July 15, 2005 at 06:30

» 反PLCのキャンペーン [NDXC BLOG]
PLC問題も次回のパブリックコメントで実用化へ突き進む状況です。 HAMに関してはHAMバンドにノッチを入れることでかなりの改善が見込まれJARLは容認の方向のようですが、 放送バンドに関しては何の対策も取られておりません。 そこでNDXCでは反PLCのキャンペーンをはります。 http://www.ndxc.org/plc.html 日本でBCL/DXの出来なくなる日が近づいています。 BCL/DXer皆さんのご協力をお願いいたします。 ... [Read More]

Tracked on October 16, 2005 at 15:51

« 個人情報保護 | Main | 沖ノ鳥島 »