« June 2005 | Main | September 2005 »

足立区の震度5の情報がスムースに伝わらなかったから、なんだ?

東京都のコンピュータシステムの処理能力不足のため、足立区の震度5強の情報がスムースに伝わらなかったことが問題だという考え方があります。
遅滞なく的確に被害情報を伝えることによる減災ということ、つまり初動体制をスムースに取ることが大事だということです。

一方で、インターネットという仕組みがありますが、その当初の目的は被害を受けても全体が停止することの無いコンピュータシステムを作るためだったといわれています。(インターネット【Internet】ARPAnet


遅滞なく的確に被害情報を伝えることによる減災のため初動体制を整えることが重要だということに異論はありません。
ただ、コンピュータの処理能力云々も大事だと思いますが、その情報が(遅滞なく)ちゃんと伝わることの方がもっと重要だと思います。『東京の地震情報は必ず東京都のコンピュータがいったん処理をした上で外部に伝えるので、仮に 東京都のコンピュータが動かなくなる事態が発生すると 地震情報が外部に伝わらない』という風に聞こえますので、そのままでは情報が途絶する要素があるということですね。

防災・減災情報に関しても、どちらかと言うと インターネットのように情報が途絶しにくいシステムを構築すべきだと考えています。



| | Comments (4) | TrackBack (1)

地震だ〜っ

今日の地震、関東ではかなり揺れましたね。
平成17年 7月23日16時35分頃発生、震源地は千葉県北西部 (北緯35.5度、東経140.2度) で震源の深さは約90km、地震の規模(マグニチュード)は気象庁暫定値6.0との 情報 です。

少し前から小規模な地震が続いていたので、気になっていました。阪神大震災の直前も群発地震がありましたから。
また、なぜか ここ2〜3日の間、地震関係のTV番組が多かったような気もします。
東海アマ地震予知情報 では、ここしばらく前から地震発生の可能性が指摘されていました。
例えば、昨日はこんな風に始まっています。


★ 2005年07月23日 土曜日、8時更新
 千葉に異常な発震が続いている。 <〜省略〜>


ここに限らず、地震の直前には異常なレベルの電磁波が観測されることがあると言われていますが、行徳高校-地震前兆電波観測-トップ が観測している データ をみると異常なレベルの電磁波が観測されているようにも見えます。
TM式地震前兆観測 のところや ミドル小堺の地震予知 でも観測を行われています。
『月が赤かった』 という複数の情報も気になります。
さて、専門家の見方はいかに?

なお、地震情報が集約されているサイトを発見しました。




ponnta : 地震~~~!(@。。@)


| | Comments (2) | TrackBack (1)

エプソンPM-780C故障

エプソン製PM-780Cを使ってきたが故障した様子。
2年ほど前からなんだか印刷ムラが出るようになり、ヘッドクリーニングやヘッド一体のインクカートリッジ交換などしても直らない状態が続いていましたが、web上を調べると、なんだなんだ? あっちこっち も同じ症状です。身近な人たちも、、、
というわけで、新しいプリンタを物色しています。いまのところ HPの複合機 が有力候補です。安いし、ランニングコストも安そうだし、デジカメ(持ってなぃ)直結で印刷できる PictBridge 対応だし。なぜかうちの携帯 A5505SA も PictBridge 対応の様子。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

au の ezweb, e-mail 韓国に加えタイ・台湾でサービス開始

au の ezweb, e-mail が 韓国 に加え タイ台湾 でサービスが開始されています。対応機種は A5505SA です。

海外にいるときに ezweb でニュースを見たり(NHKが映らないホテルだと心細い)、日本の携帯のアドレスで e-mail が使えるのが便利です。ココログにも投稿できますし。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

パンク修理

しばらくそのままで放っておいた、パンクしたのか空気が抜けきった状態の自転車のパンク修理をしてみました。

自転車用品店でパンク修理セットを買ってきたものの、なにぶん何年もパンク修理をやっていないので Web で復習をしてみました。D・I・Yの百科事典/自転車のパンク修理コメリ・ドットコムHowTo情報 - 自転車のパンク修理東京自転車生活: パンク修理講座 が参考になります。

皆さんの説明を見ながら、タイヤをはずし、チューブを取り出し、空気を入れたチューブを水の中に沈めてパンクの穴をさがしましたが、チューブには異常がありません。ふと思って、チューブのバルブ部分を水につけてみると空気がゴボゴボと抜けていました。

結局、バルブ部分の虫ゴムが痛んでいただけでした。虫ゴムの交換だけならチューブを外す必要は無かったのです。最初から、D・I・Yの百科事典/自転車のパンク修理自転車屋が儲からないメンテナンス情報 をしっかり理解しておくんだった!!
なお、 自転車屋が儲からないメンテナンス情報 には、虫ゴムの状態を写した写真があります。

その後、あらためて自転車用品店に行ったときに、『スーパーバルブ』という 虫ゴム不要のバルブ が売られていました。約300円だったと記憶しています。これでも良かったかな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

コメントが付かない(エラー発生)

自分のエントリーにコメントを付けようとしましたが、エラーが発生して付けられません。なぜでしょうか?

エラーが発生しました:

mkdir /usr/local/cocolog/users/kazun.cocolog-nifty.com: Permission denied at /usr/local/cocolog/typepad/lib/MT/FileMgr/Local.pm line 128

| | Comments (1) | TrackBack (0)

小笠原諸島・沖ノ鳥島(!?)への空港建設

硫黄島の滑走路を活用して小笠原に行く夢 というエントリーで、硫黄島(父島から270Km、東京から1250Kmの位置)には立派な2650m滑走路があり、これを活用することによって小笠原諸島へのアクセスが短縮されそうだということを書きました。(空母艦載機のNLPの訓練基地としての利用および更に施設整備を進めることにより「硫黄島」を太平洋の要石(キー・ストーン)として より一層活用することを提案している 硫黄島活用 を参考)

また、沖ノ鳥島 というエントリーで、沖ノ鳥島にある(あるいはこれから造る)設備などが周辺国や一般の企業・人々にも役に立つという実績作りが有効ではないかということを書きました。

基本的には、この硫黄島活用案が最適だとは思っていますが、一方で 羽田空港再拡張 の際に提示された 浮体工法(メガフロート) を活用することも考えられます。
小笠原諸島・沖ノ鳥島ともに空港建設・あるいは石油などの貯蔵設備・風力発電のベースなどに利用することができるでしょう。いずれもコストと利益のバランス(特別な利益が見込めるのなら補助金助成もあり得るでしょう)から検討することが必要です。


メガフロート技術「浮上」
巨大洋上風力で水素社会を

| | Comments (3) | TrackBack (0)

スパムメール対策

スパムメール対策をしよう を参考に再確認してみました。

  • スパムメールに返事をしない
    返事をすると、発信者は返信元のメールアドレスが有効だと判断するので、ますますスパムメールが増えることになります。

    これは、厳守しています。

  • HTML形式のスパムメールは開かない
    HTML形式のスパムメールに(例えば 画像への)リンクがあったとすると、メールソフトはそのリンク先を表示しようとして、リンク先に(例えば 画像の)情報を取りに行きます。その動作をスパムメール発信者がサーバー側で検知して、そのメールを送った先のメールアドレスが有効だと判断します。

    これも、厳守しています。

  • インターネットで公開するメールアドレスにはフリーメールを使用する
    これも、スパムメールが来るようになって厳守し始めました。しかし、メーリングリストのログを公開しているサイトの過去ログにメールアドレスが残っていれば効果がありません。

  • 無料メールアドレス収集防止ソフト「HTMLエンティティ生成」
    知りませんでしたが、有効かもしれません。(そのうち読み取られるようになるかも知れません)
    ただ、私自身は フリーメールを含めて サイト上にメールアドレスを公開しないことにしてしまいましたが、公開せざるを得ないのなら画像表示(しかも、歪んだ文字で)かと思っています。

  • 無料スパムフィルター「POPFile」
    これは、今のところやるつもりなし。メールソフト側で同様の対策があることと、OS をバージョンアップしたときなどフォローが大変なため。

  • スパムフィルター付き無料メールソフト「ThunderBird」
    同様のメールソフトを使っています。

結局は、メーリングリストの過去ログなどにメールアドレスが残っているだろう(Google で検索しても出てきませんが、心当たりのあるログを検索したらそこにメールアドレスが載っていました)から、新たに載らないようにはしますが、根本的な対策にはなりません。

「POPFile」などのスパムフィルター・メールソフトのスパムフィルターを利用するのが有効だろうと思います。あらためて、メールソフトのスパムフィルターを鍛え直し始めたところです。

将来的には、発信元の身元保証を行なうサービスが出てくればいいと思います。身元が保証されたメールしか受け取らない設定に出来るようになればいいと思っています。


どのリンクも参考になります
古河建純 インターネットBlog
Kyan's BLOG: スパムメール対策
The Man:経済産業省も乗り出す −スパムメール対策−
くまぶろ: スパムメール対策・その2

| | Comments (4) | TrackBack (0)

ロンドン自爆テロ

ロンドンで同時多発テロ が発生しました。英国で生まれ育った若者達が自爆テロを実行 したという話です。
しかも、容疑者をよく知る人々のコメントを聞くと、「こんなことをするのは、彼らしくない。彼はむしろ、こういうことを非難するタイプだ」と。
これを見て隣人は静かに笑う というスリラー映画を思い出しました。

しかし、対策をとっているようですが、日本も安全とは確信できません。地下鉄も新幹線もJR在来線も乗客の手荷物チェックを実施という訳にはゆきませんしね。


つっきーの徒然草
Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
MAC'S GADGET
らくだの鳴き声: 多くと引換えに得るもの

| | Comments (1) | TrackBack (2)

沖ノ鳥島

沖ノ鳥島は1931年7月6日から日本領 ですが、ここにちょくちょく 中国船 がやってきています。

「来ないで !」と言って来なくなるくらいなら 最初から来ることもないでしょうから、ここは沖ノ鳥島は日本の領土だということを PR するなり 沖ノ鳥島にある(あるいはこれから造る)設備などが周辺国や一般の企業・人々にも役に立つという実績作りが有効ではないかと思います。

充分わかってはいませんが、例えば、飛行機用の無線標識が沖ノ鳥島に出来て世界中の飛行機がより安全にフライトできるようになるとか、船舶用の標識が沖ノ鳥島に出来て周辺を通行する船舶の航行がより良くなるとか、沖ノ鳥島で幅広い気象情報を収集して世界の国々の施策に貢献できるとか、ちょっと違う見方では 自然環境が素晴らしいという話なので 沖ノ鳥島にオーストラリアのグレードバリアリーフのような観光開発を行ない世界の人々の心身を潤すようになるとか、そういうアプローチも重要ではないかと思います。もちろん、コストとの兼ね合いも検討しておくべきですが、国益との比較論ということでしょうね。


え!! 台湾より南でも日本の領土!?——沖ノ鳥島 2000/03/21
沖ノ鳥島 : HOTWORDS
硫黄島の滑走路を活用して小笠原に行く夢
SIDE-B:沖ノ鳥島は岩?


| | Comments (0) | TrackBack (2)

PLC (電力線通信)

20年近く前、電電公社の人の「私はコンセントにつながっている電線で通信することを研究しています」というコメントがある雑誌に載っていました。これが今振り返ってみれば PLC (電力線通信)との最初の出会いだったと思います。
まずは屋内で使用できるようになりそうです。200Mbpsの速度です。
ただ、ASDL回線のユーザーの方はADSLとPLCとの混信が皆無とは言えません。また、ACコンセントにつながっている対策をしていない機器に影響を与える可能性もあるかも知れません。

PLC(電力線通信)というのはwikipediaによると、


利用周波数帯を2MHz~30MHzに広げて理論最大値が数十Mbps~200Mbpsのデータ通信を可能にすることを目指して技術開発が行われている電力線搬送通信の新しい技術であり、既存の配線を利用することを生かした配線工事不要のブロードバンドインターネット接続のラストワンマイルとして、また全ての電気製品がコンセントにつながっていることを利用したブロードバンド家電のインターネット接続回線として実用化が期待されていた。

ラストワンマイル(ast one mile)というのは、通信サービスの加入者宅から、最寄りの電話局までの回線のことであり、無線LAN、FWA、ダイヤルアップ回線、CATV、光ファイバーなどを指します。ラストワンヤードとも言うようです。

2MHz~30MHzということであれば、中波帯のうちAM放送(約1600KHz=1.6MHzまで)で使われているすぐ上〜短波帯である30MHzがまずはその対象です。FM放送(76Mhzから)にも混信しないはずです。ただ、ASDLの規格拡張の歴史を見るとそれ以上まで広がるかどうかの保証はないと思っています。

周波数帯をイメージしたかたちではここが分かりやすいです。

ADSLの周波数帯イメージはこちら。PLC と ASDL は混信しないのでしょうか? ご存知の方は教えてください。
そもそもその周波数帯を使っている人もいると思いますが、どうなるの?

ADSLもそうですが、せめてシールドされているなど漏洩しにくい電力線を使っていれば心配も減るのですが、、、

| | Comments (6) | TrackBack (2)

個人情報保護

世の中、個人情報保護というか管理一色になってしまいました。
確かに半ば強制的のように名簿に名前を載せられたり、どこかに会員登録した情報が漏れたりすると、なんとかしてほしいという気持ちにはなっていましたが、現状を見ると行き過ぎのような気もしてきます。

いまのところ、私自身はどのように取り扱っていいのか分かっておらず世間の様子を見ているところです。

官邸のWebを見てみますと 個人情報保護法の解説 があります。同じところに図解で個人情報保護法上の 個人情報の取得・利用に際してのルール の説明があります。

やさしい全般的な説明が kojinjoho.com にあります。ここでは 個人情報の例 が次のように説明されています。


個人情報の具体的な例としては、下記のような項目が挙げられます。

名前
クレジットカード情報
住所
電話・ファクス番号
顔の画像
音声データ
銀行口座番号
等、完全に個人を特定出来る物

また、インターネット特有の組合せて個人を特定出来る物
Eメールアドレス
IPアドレス
cookie
会員ID・パスワード等
も特定の個人と結びつけば個人情報データとなる可能性がある為、個人情報の一部と考えた方が安全です。(ちょっと微妙ですが・・・)

もう少し広範囲な情報が 個人情報保護と安全対策 にあります。
Blog 関係では 個人情報保護blog にニュース・トピックスが抽出されています。

上記を踏まえて @nifty個人情報保護ポリシー をみると、「なるほど、このように考えるべきか」と一応は納得しました。
せっかくなら前向きに 活用できればいいのですが。

しかし、私が通っている病院では診察のときに呼ばれるのも名前ではなく番号になりましたし、学校でも学生を呼び出すときなどの掲示にも学生番号で行う場合がある ようですし、なんだか国民背番号制への布石を疑ってしまいます。

大事なリンクばかりですが、、、
個人情報保護対策の実務 - [企業のIT活用]All About(1/2)
認定個人情報保護団体とは - [企業のIT活用]All About
特集 問われる個人情報の保護と活用法 7割の大学が05年度から個人情報保護の対策を検討・開始 Between 2005.4,5
メールマーケティングの活用術: まだ個人情報保護対策をしていないなら・・・
東葛人的視点:個人情報保護ではなく「個人情報活用」の視点が大事だ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

硫黄島の滑走路を活用して小笠原に行く夢

小笠原諸島 に行ってみたいとずっと思っています。日本でありながら亜熱帯に属し、世界でも有数の透明度の高さを誇る海に囲まれ、独自の生態系の動植物を有する自然の宝庫。

ただ、東京の南約1,000kmの遠いところに位置するため、アクセスに時間がかかります。
定期船おがさわら丸で片道 25時間30分(東京港竹芝客船ターミナル ー 小笠原諸島父島)かかります。2004年11月13日に進水式を終えた超高速船 テクノスーパーライナー でも約17時間程度かかる見込み。しかも、このテクノスーパーライナーも 採算上の問題 で実現するかどうか分かりません。
また、環境へ影響との兼ね合いから小笠原諸島に空港を建設しようという話も進んでいないようです

ところで、硫黄島(父島から270Km、東京から1250Kmの位置)には現時点でも立派な2650m滑走路があります。硫黄島を活用することによって小笠原諸島へのアクセスが短縮されそうです。

また、硫黄島からは話題の沖ノ鳥島 まで720Kmの距離です。
石原東京都知事、中国調査船が現れる沖ノ鳥島で「漁業などの経済活動を行いたい」 という情報がありますが、観光開発などもやっていこうというのであれば 同じように硫黄島を活用するのがいいと思います。

なお、硫黄島に関しては 空母艦載機のNLPの訓練基地としての利用および更に施設整備を進めることにより「硫黄島」を太平洋の要石(キー・ストーン)として より一層活用することを提案している硫黄島活用 が詳しい。


素晴らしい
小笠原への憧れ
東京-小笠原諸島航路向けTSL船浸水式じゃなかった進水式

| | Comments (3) | TrackBack (4)

気象庁が黒潮蛇行による浸水被害への注意呼びかけ

日本沿岸の海面水位が過去100年間で最も高くなっている状態が続いているため、気象庁が「一年のうちで潮位が最も高くなる7月から11月にかけての新月・満月前後の 満潮時 には、特に浸水被害などに対する注意が必要」との 発表を行っています。

満月 新月
7月 2日
8月 1日
8月30日
9月28日
10月28日
11月27日
7月17日
8月16日
9月14日
10月14日
11月12日

台風シーズン と重なるため、注意が必要ですね。

背景としては、以下の通りの 説明 があります。
(1) 1980年代の半ば以降、日本沿岸の海面水位は上昇傾向にあり、
  平均的な海面水位はこの100年間で最も高い状況にあります。
(2) 今年は4月以降四国から近畿地方にかけての沿岸で潮位の高い状態が
  継続しています。
(3) また、夏以降には黒潮の蛇行は東海沖に進むことが予想されており、
  その場合、東海から関東地方にかけての沿岸で異常潮位が発生する
  可能性があります。
(4) 夏から秋にかけて、日本各地の潮位は一年のうちで最も高くなります。
(5) したがって、こ の時期の大潮(新月や満月の前後)の満潮時に、
  ほとんどの地点で年間の最高潮位となります。


中央水産研究所
日本近海の海洋変動予測実験を開始 | NASDA
JoBlog: 黒潮大蛇行
よろろーぐ: 黒潮蛇行
楽園の住人: 黒潮蛇行予測
潮汐

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | September 2005 »